ユネスコスクール

○ユネスコスクールについて

ユネスコスクールは,1953年,ASPnet(Associated Schools Project Network)として,ユネスコ憲章に示された理念を学校現場で実践するため,国際理解教育の実験的な試みを比較研究し,その調整をはかる共同体として発足しました。世界181か国で約10,000校がASPnetに加盟して活動しています。日本国内では,2015年4月現在,913校の幼稚園,小学校・中学校・高等学校及び教員養成系大学がこのネットワークに参加しています。日本では,ASPnetへの加盟が承認された学校を,ユネスコスクールと呼んでいます。ユネスコスクールは,そのグローバルなネットワークを活用し,世界中の学校と交流し,生徒間・教師間で情報や体験を分かち合い,地球規模の諸問題に若者が対処できるような新しい教育内容や手法の開発,発展を目指しています。

(ユネスコスクール公式Webサイトより引用)

○ユネスコスクールの4つの基本分野

地球規模の問題に対する国連システムの理解
人権,民主主義の理解と促進
国際理解教育
環境教育

○ESDの推進

文部科学省および日本ユネスコ国内委員会では,ユネスコスクールを「持続可能な開発のための教育(ESD:Education for Sustainable Development)」の推進拠点と位置づけ,加盟校増加に取り組んでいます。

○「持続可能な開発」とは

「将来世代のニーズを損なうことなく、現在の世代のニーズを満たす開発」のことです。この定義は,国連の「環境と開発を考える世界委員会(ブルントラント委員会)」が発行した報告書『地球の未来を守るために』が出典です。